×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

整形で成功している芸能人に美容整形の極意を学ぶサイトです。

整形芸能人に学ぶ 美容整形情報サイト

整形芸能人に学ぶサイト

  

芸能界の美容整形事情

日本では美容外科手術を受けた事実を隠す傾向が根強い。

日本においては、欧米では一般的なピアスや刺青といった「身体を傷付ける」とされるようなファッションを忌避することが多い。「何故、身体を侵すファッションを忌避するのか」といったことは学問的に深い検証がされたことはないため、一般には原因を文化や宗教観といったものに求めることが多いが詳しいことは分かっていない。

同様に「どこまでを整形手術と看做すのか」といった定義も曖昧である。整形した事実を相手に指摘するのは侮辱であるとされている。ところ、日本においては、美容外科手術を受けた者に対する社会の一部の偏見は根強く残っているといわざるをえないため、公開された場における手術を受けた者のプライバシーを侵害しないか配慮が必要である。

市民権を既に得ている整形手術としては、脱毛や縮毛矯正、歯科矯正などがある(これらは侵襲性がないか、少ないことから整形とはみなさないことも)。

芸能界では整形を受けることが当然になっていると噂されているが、整形手術をしたことを公然と認める芸能人は少ない。
一方で、上眼瞼に皺を一本形成し多少目の開きを大きくするだけの二重まぶた形成手術で、本人が社会上不利益を受けていると思っている心理負担を軽減し、向上につながるのであれば、それは何ら社会的・倫理的に問題ではないという考え方もできる。

美容外科手術に限らず、高齢者の女性に化粧を施すと高齢者が活き活きと作用などが報告されている。高齢化社会を踏まえて、美容外科手術が、技術進歩の結果、より安全に施行することができ、中高年以上の人口層が活動的な社会生活をなすための補助手段となりえるのであれば、美容外科手術を否定する医学的・倫理的根拠は希薄になる。実際、わが国において美容医療が医療の一分野として正式に認知されるに至った経緯には、考え方を基礎にするものと考えることができる。

二重まぶた手術

生まれつき二重まぶたの人は、まぶたを開閉する筋肉と皮フが生まれつきつながっているため、まぶたが開く時皮フが筋肉と一緒に持ち上げられて、そこに折れこみができるので、二重まぶたになります。

従来の埋没法では、皮フと結膜(血管が多く集まっている、まぶたの裏側の赤いねん膜)を糸で結ぶために、結膜に糸が出てしまうので、その糸が結膜や眼球などにキズをつけて炎症をおこしたり、視力が低下するなどのトラブルがおこる場合がありました。

最新の二重まぶた手術では、まぶたを開閉する筋肉と皮フのみを糸で結びつけるため、糸が皮フの中におさまり、結膜(まぶたの裏側の赤いねん膜)に糸が出ないので、まぶたの中で特に血管が多い結膜や眼球にキズがつくなどのトラブルがおこりません。

芸能人整形 施行例

芸能人整形の代表的なものは以下の通りです。

・顔面擦過傷の瘢痕除去
・皮膚斑のレーザーによる除去(ホクロ、シミ取り)
・腫瘍除去(イボ、ケロイド取り)
・フェイスリフト(シワ取り)
・ヒアルロン酸注射(シワ取り・隆鼻・豊胸)
・ボトックス注射(シワ取り)
・ピーリング(シワ・毛穴消し)
・トレチノイン処方(シワ・シミ消し)
・二重まぶた形成(重瞼術)
・審美歯科治療
・毛根移植(植毛)
・脱毛
・隆鼻(鼻を高くする)術
・豊胸術
・脂肪吸引
・包茎手術
・エラ切り(削り)
・ピアス
・ラジオ波治療によるシワ取り(サーマクール・RF等)
・光治療によるシミ取り(フォトフェイシャル等)
・婦人科系形成手術(処女膜再生等)

芸能人整形 海外事情

欧米の場合欧米、特に北米では、美と健康、若さに執着する価値観が強く、老若男女を問わず整形を受ける者が増えている。(但し、下記に述べるように侵襲性の強いものは余り好まれない)

歯列矯正は極めて一般的で、逆に歯列矯正を受けないことを非難される場合もある。こうしたことから、美容外科が乱立し、価格競争が起こっている。そのため、一部の形成手術における費用は安価である。

韓国では、以前は整形した事実を隠す傾向があったが、主に芸能界において整形を告白することが「潔い」とされるようになるに従い、一般人においても整形手術を忌避する傾向が弱まった。

その一例として、親が子に美容形成手術を入学祝いといった形で受けさせるといったことがある。ソウル市のような大都市で部分的に見られるに過ぎない傾向で、「習慣」と呼ぶほど全国的に一般化してはいない。韓国では「美人の定義」が極めて流動的であり、近年では整形した美形よりも、韓国人らしい顔が支持される傾向がある(但し、この傾向がどこまで続くかも不透明)。


すい臓がん  がん情報  産み分け研究室  膵臓癌  女性の健康 心筋梗塞  脳梗塞  産後
  芸能人  男女の産み分け  食道がん  肝細胞がん  前立腺がん  子宮がん  大腸がん  卵巣がん

Copyright (C) 2007 整形芸能人に学ぶ 美容整形情報サイト All Rights Reserved.